バックカントリースキー

トップ > ゲレンデガイド > バックカントリースキー

バックカントリースキー

バックカントリースキー

バックカントリーって良く聞くけど何?

最近よく耳にする「バックカントリースキー」 。昔は「山スキー」「山岳スキー、スキー登山」と呼ばれていました。 バックカントリースキーとパッと聞くと、スキー場じゃないゲレンデを滑る事でしょ?と簡単に考えてしまう人もいますが、 バックカントリースキーはれっきとした冬山登山です。

難易度もピンキリ。ありのままの雪山を滑るということ。

普通のバックカントリーに使われる山域というのは国立公園として指定されている部分や一部のゲレンデの自己責任エリアなどです。 もちろん自然の地形になるので、その難易度もピンキリです。

ハイクアップ(登り)と滑走

登ることからバックカントリーは始まります。今はスキー場から手軽に滑れるコースもありますが、本来のバックカントリーはゲレンデでは無いのでリフトはありません。 滑走コースもゲレンデと違い圧雪されていないので、岩や木などの障害物や不規則な斜度に対応できる滑走が求められます。 万が一の事故を防ぐためにも、スピードコントロールや事前準備をしっかり行い雪山に入ることをお勧めします。 自然の中でしか味わえない、まるで雲と戯れているようなパウダーを滑るという魅力と、本来ならば辛く命の危険も伴う冬山登山が混在するバックカントリースキー。 まっさらなパウダースノーの浮遊感を楽しめる長所と、その陰で潜むリスクも決して忘れてはいけません。

海外で人気の理由。

澄み切った空気と絶景、感じる達成感。

澄んだ空気の中、雪山を仲間と共に自分の足で登り山頂にたどり着く。文字にすると何ともシンプルですが、実際体感すると純粋な達成感を感じさせてくれます。 名峰が揃うスイスアルプスなどハイクアップの途中で見る風景は、日常では見られないまさに絶景そのもの。滑る前から興奮と喜びが湧いてくるはず。

浮きながら流れる様に、パウダースノーを楽しむ。

トップシーズンには、驚くほど良質なパウダースノーを楽しめることも魅力のひとつ。 「この一本のために登った甲斐があった!」と思ってしまう程の疾走感は、新しい感覚と感動を与えてくれるに違いありません。

雪山本来の地形を感じる。

地形によって凹凸があったり、立木に雪が乗って丸みを帯びたフォルムのジャンプアイテムがあったり、折れた木や岩が自然の障害物となって不規則なコースを作り出す。 雪山でスムーズに滑り降りる感覚は足に地面をつけながら飛ぶ感覚に限りなく近いはず!自然を思う存分体感できます。

危険と隣り合わせ。バックカントリーの危険。

近年のバックカントリーブームの陰で、その中に潜むリスクが十分に伝わっていない点がニュースにも取り上げれらています。 せっかく雪山を滑ってみようと思っても、事前準備や知識、経験が無ければ最悪の場合命の危険につながってしまいます。 簡単にですが雪山で起こるうるリスクをお伝えします。

LOST:道迷い

さっきまで見えていた目標物も、雲行きひとつで見えなくなることがよくあります。それほど雪山の天候急変は多々あることと言えます。 自己判断でルートを決めていくので、コースの間違いに気付いた時の、「たった1~2分」の滑走が、正しいルートに戻るまで1時間以上の登ならければならない。 といった険しい場面に直面することも多々あります。 「常に自分がどこに位置しているのか」この確認は絶対条件です。

AVALANCHE:雪崩

圧雪されていないオフスピテの雪山です。自分だけは大丈夫。そんなことはありえません。 入山前・滑走前の天候予想や雪質、滑走エリアのチェック、安全確認はかかせません。 雪崩ビーコン・プローブ・シャベルの携行は常識ですが使い方を知らなければ無用の長物です。十分な装備は正しく使えてこそ価値があるのです。

RESCUE:怪我・遭難・救助

ゲレンデのようにスキーパトロールが来てくれるわけではありません。 雪山ビバーク(緊急露営)などの生死にかかわる危険も雪山には常に伴っていることを忘れてはいけません。 リスクマネジメントを考えすぎた、なんてことは絶対にありえません。

安全にバックカントリーを楽しむには

安全に楽しむために必ず念頭に置いてほしいことのひとつに、雪山は『ゲレンデではない』という点があります。 また、バックカントリーは必ずパーティで行動します。その為、個人装備と団体装備というものに分けることもできます。

初心者は全て買い揃えるとなると、金額的に負担が大きいことが多い

まずはガイドツアーに参加しながら、正しい知識や安全に滑る経験を積み、自分に合っている装備を少しずつ揃えていくことをおすすめします。 自分の命を守る物ですから必ず慎重に選びましょう。 (個人装備の一例)アイゼン、ハイクアップ用具 スノーシュー、シール、ポール、地図、コンパス、GPS、高度計、ザック(日帰りの場合20~30ℓ前後)、 ビーコン、プローブ(伸縮式の棒)、シャベル(ザックに収納できる分解式で軽量の物がおすすめ)、ライト、食料(通常食・行動食・非常食の3種、水分、 板、ウエア、ヘルメットなど。当たり前のことですがゲレンデではありませんので服装も当然異なります。この部分を侮ると後々後悔ではすみません。 ここでは説明しきれませんので、事前にしっかりと服装も予習し、準備することをお勧めします。

団体装備の一例

必ずしも全員が持つ必要はありませんが、パーティで分けて持ちましょう。 ロープ、通信機器(無線やトランシーバーなど)、ツェルト(簡易テント)、シュラフカバー(トラブル発生時に体温低下を防ぎます。レスキューシートでもOK)。

日本で楽しめるエリアは?

世界にはカナダのウィスラーやフランスのトロワバレーなど、名だたるスキーリゾートがたくさんあります。 その中でも、日本のバックカントリーはとても人気。日本でのスキーを楽しむために、北海道のニセコや長野の白馬を訪れる「パウダー愛好家」が後を絶ちません。

世界中にパウダースノーを楽しめる国は有ります。なぜ皆日本に来るの?

一般的に日本の方が長いシーズンパウダーを楽しめる、パウダーの確立が高いとも言われています。 また、海外のスキーリゾートのリフト券等の金額は日本に比べて高額だと言われています。長期滞在して思う存分滑りたいボーダーやスキーヤーに日本は最適と言えます。 さらに日本独自の魅力として天然温泉、和食や郷土料理といった郷土の魅力感じる観光資源が豊富な点も見逃せません。

まるで海外?!日本人より海外の人が多い!?

北海道ニセコ、長野県白馬村。 北海道ニセコ町や、長野県白馬村のスキー場へ足を運び、朝方のリフト乗り場前に長蛇の列が出来ていることがあります。 その大半が日本人の姿では無く、海外からのパウダースノーを求めるボーダーやスキーヤーという光景をよく見ることが出来ます。 水分が少なく細かく軽いのが特徴で、煙のように見える粉雪を心待ちにしています。

中でも白馬エリアは並じゃない!

白馬エリアにはバックカントリーとバックカントリーを滑る人を大切に思っているスキー場が多くあります。 白馬コルチナスキー場のように自己責任エリアとしてツリーランに理解を持つゲレンデや大きな標高差と斜面の向き、コースバリエーションなど 白馬エリアには無数のラインがあり、それは毎シーズン滑っても空きが来ない。 滑ることで密度の濃い時間を楽しみたいなら、ぜひ白馬を。

ホテルグリーンプラザ白馬

白馬・バックカントリーが楽しめるゲレンデと周辺ホテル

【おすすめポイント1】富士見の露天 【オススメポイント2】選べる部屋タイプ 【おすすめポイント3】記念日サービス
白馬コルチナスキー場には自己責任エリア有り!ツリーランを楽しめます!
1.白馬コルチナスキー場には自己責任エリア有り!ツリーランを楽しめます! ホテルグリーンプラザ白馬直結、コルチナスキー場にはありのままの自然を滑る自己責任エリアがあります。 ぜひ安全に思う存分パウダーツリーランをお楽しみください。
白馬コルチナスキー場はホテル直結。
2.白馬コルチナスキー場はホテル直結。 ホテルへ宿泊すれば朝一番の極上の雪質を、一番良いコンディションの中でお楽しみ頂けます。
スキー・ボードの後はホテルでゆったり
3.スキー・ボードの後はホテルでゆったり ホテルグリーンプラザ白馬では、和洋中グルメディナーバイキングのご夕食や美肌成分豊富な「奥白馬温泉・暁の湯」など寛ぎポイントが満載。

ホテルグリーンプラザ白馬

おすすめプランへ

関連情報

雪マジ19 対象ゲレンデ へ行こう!

学生スキー旅行は白馬がおすすめ

ページトップへ