赤ちゃん連れ旅行

ホテルグリーンプラザ軽井沢TOP > ホテルの魅力 > お役立ち&おすすめコンテンツ > 赤ちゃん連れ旅行|絶対押さえておきたいポイントまとめ

赤ちゃん連れ旅行

赤ちゃん連れ旅行

赤ちゃん連れでの旅行に役立つ情報をお届け!

赤ちゃんが旅行に行ける月齢や体調面での注意点、あると助かるアイテムや事前に調べておくべき点やマナーなど、 赤ちゃん連れ旅行のいろいろな気がかりを解決します!いつも一生懸命に赤ちゃんと向き合っているママ&パパ。 たまには旅行にでも行ってリフレッシュしてみませんか?本ページでは「赤ちゃん連れ旅行に役立つ裏ワザ&お得情報」を分かり易くお届け致します◎

赤ちゃん連れ旅行がおすすめな理由って?

赤ちゃん連れ旅行がおすすめの理由は「ママがゆっくりできること」。当たり前のようですが産後のママは睡眠不足や慣れない育児でクタクタ。 さらに仕事で忙しいパパがリフレッシュできる時間も大切です。 おでかけにあまり慣れていない赤ちゃんなら、できるだけ日頃の生活パターンに近い生活リズムにしてあげるとストレスも無く過ごせる為おすすめです。

楽しい旅行にするために!赤ちゃん旅行のコツを徹底研究!

赤ちゃんとの旅行、月齢はいつからなら大丈夫?

赤ちゃん連れの旅行では月齢がいつから大丈夫なのか気になりますよね。 明確な決まりがあるわけではありませんが先輩ママ達の赤ちゃん連れ旅行デビューの時期で多いのは生後5~8ヶ月前後。 個人差があるので早いママだと首が座る生後4ヶ月くらいから可能という方も。ただしあまり月齢が低いと免疫力も弱いので注意が必要です。 あくまで赤ちゃんの体調に合わせた無理のない計画を立てましょう。

移動手段や移動時のポイント

電車や新幹線ならできるだけ混雑の時間帯を避けて計画しましょう。 車で行くなら荷物が多い赤ちゃん連れ旅行でも安心。ただし赤ちゃんの車酔いには充分気をつけたいものです。 移動時のポイントとして、赤ちゃんの睡眠時間を移動時間と合わせると落ち着いてくれる子が多いです。 せっかく旅行ですから赤ちゃんもママもなるべく気疲れしない、負担が少ない方法を選びましょう。

何を持って行ったらいいの?お助けアイテム紹介

まずは普段のおでかけでも持っていく持ち物でもあるオムツや粉ミルク、哺乳瓶、お湯を入れた水筒、 離乳食時期ならに離乳食とスプーン、スタイ、ウエットティッシュやおもちゃなど。 おもちゃは周囲の人へのマナーも考えて音の出ないおもちゃをおすすめします。もちろん着替えは多めに持っていきましょう。 旅先でのもしもに備えて母子手帳と保険証もお忘れなく。 旅先では急な汚れ物が出る事もあるのでビニール袋も多めに持って行くと便利です。
あったら便利なアイテムとしては「タオル・バスタオル」などがよく上げられますが、かさばってしまう点が難点ですよね。 ファミリーに優しい「ウェルカムベビーのお宿」認定ホテルの中には、タオルを通常よりも多く用意してくれる便利なホテルも。 それでもやっぱり荷物がかさばってしまう…といった方は事前にホテルに荷物を発送しておくという手もあります。 あれこれと心配になりついつい荷物が増えてしまいがちですが、ある程度割り切ってもし途中でなくなってしまうものがあれば 買いたしてしまおう!といった気持ちで出かけた方が比較的ストレスも少なく旅行を楽しめます。

赤ちゃんの離乳食はどうすれば?

赤ちゃんとの旅行では離乳食も気になりますよね。 まだ離乳食をスタートしたばかりの時期であれば、旅行の間だけは母乳やミルクに戻すママもいますが、旅行に行くからといって 赤ちゃんの食事の進み具合を見だしてしまうのはちょっと気が引けます。 離乳食の進み具合にもよりますが、やはり2回食以上であれば市販の離乳食を持っていく方がベターです。 手作り派の方も良いですが夏など離乳食が傷みやすい場合もあるので温度管理には十分注意をしましょう。 なるべく手ぶらで行きたい!という方はウェルカムベビーの宿に認定の離乳食を完備している宿泊施設を選ぶといった ママにも負担が少ない方法がおすすめ。

赤ちゃんプランがある宿を選ぶ

赤ちゃんちゃんとの旅行を気軽に楽しめるように、赤ちゃんプランがあるホテルも多くなっています。 ただし、赤ちゃんプランといっても内容は様々。客室にベビーグッズが豊富に用意されているプランやチェックイン、アウトが ゆっくりのプラン、離乳食が付いてくるプランなど、それぞれの用途に合わせて見比べましょう。

赤ちゃんもママも楽しめるスポットが近くにある

ママがリラックスできる温泉やマッサージ、赤ちゃんでも楽しめる体験など、赤ちゃんもママも楽しめるとなお 素敵な旅行になりますよね。ただし赤ちゃんと一緒の旅行にあまり慣れていない方は無理をせず、ゆっくりとした行程で 旅行のスケジュールを組みましょう。

赤ちゃんプランを選ぶときの重要ポイント!

赤ちゃんの事を考えた備品や特典が付いている

赤ちゃん用のお尻ふきやおむつ専用ゴミ箱、ベビーグッズなど客室に完備されているプランだとママも楽々です。

客室は和洋室タイプがおすすめ

赤ちゃんがハイハイしても大丈夫な清潔な畳付きのお部屋が人気です。段差がないフラットなお部屋なら更に安心ですね!

赤ちゃんでも気兼ねなく入浴できる

赤ちゃん連れ旅行では温泉デビューも一緒にさせたい!といったママも多いはず。 貸切風呂や赤ちゃん歓迎の宿なら気を使わず温泉デビューも◎ぜひ事前に宿泊施設をチェックしましょう。 赤ちゃん歓迎の宿の中にはベビーソープやプチバスタブ、バスチェアー完備の宿も。

無料貸出グッズも完備

プラン特典以外にも宿に無料の貸し出しグッズがあるかは重要ポイント。 まだミルクの赤ちゃんはお湯のポットの貸し出しがあるかなども事前に確認しましょう。 事前に調べておけば当日荷物も少なく済むのでぜひ事前の下調べはしっかりと。

赤ちゃん連れ旅行なら軽井沢がおすすめ。その理由

赤ちゃん連れ旅行におすすめなホテルや宿が豊富。

軽井沢にはウェルカムベビーの宿のホテルグリーンプラザ軽井沢など、赤ちゃんが過ごしやすい客室や特典など 用意されている宿泊施設が多数あります。ぜひ赤ちゃんプランなどを利用して安心&楽々旅行を楽しみましょう。

自然豊かな軽井沢で赤ちゃんと一緒に四季を感じる

軽井沢と言えば全国有数の避暑地。夏のリゾートとして人気ですが、春や秋も過ごしやすい気候なので赤ちゃん連れ旅行におすすめ。 春は爽やかな新緑、秋は一面の紅葉と四季の魅力を感じられます。

赤ちゃんやママ、パパも楽しめる観光スポット満載

軽井沢にはプリンスショッピングプラザといったお買い物スポットや白糸の滝や軽井沢タリアセンなど自然観光地、 0歳から遊べるテーマパーク軽井沢おもちゃ王国などママもパパも赤ちゃんも楽しめるスポットが多数!

ホテルグリーンプラザ軽井沢

【ウェルカムベビーの宿】ホテルグリーンプラザ軽井沢は赤ちゃん連れ旅行に最適です。

【おすすめポイント1】赤ちゃん温泉OK 【オススメポイント2】赤ちゃんルーム 【おすすめポイント3】敷地内に遊園地が!
赤ちゃんとの旅行に適したファミリールームをご用意。
ホテルグリーンプラザ軽井沢にはキングサイズのローベッドやコンビプルメア、おむつ用ごみ箱やベビー布団、 タオル通常の倍ご用意した赤ちゃん連れ旅行におすすめの客室をご用意!荷物も最小限でOKです♪
ホテル館内には授乳室やキッズルームも◎
赤ちゃん連れ旅行では嬉しい授乳室も完備。授乳室内には授乳個室、電子レンジ、電子ポット、ベビー器具用洗剤やスポンジ、 おしりふきやタオルも備えつけてあります。お子様が遊べるキッズルーム(有料)も!
0歳から遊べる遊園地・軽井沢おもちゃ王国が敷地内に!
赤ちゃんから楽しく遊べるおもちゃのお部屋が全10館。小さなお子様でも楽しくお過ごしいただけます♪ ホテルから軽井沢おもちゃ王国までは無料循環バス完備なので移動も楽々♪徒歩でも約5分♪

ホテルグリーンプラザ軽井沢
<赤ちゃんプラン>

おすすめプランへ

お食事は旅番組でも紹介されたバイキング!

ホテルメイドの離乳食もあり、月齢別にあったものを選べるのも魅力。 他にもレストランには紙エプロンやお子様用食器も完備、7大アレルゲンの表記もあるので安心です。 もちろん自宅から持っていった離乳食の温めもOKです。

ホテルグリーンプラザ軽井沢の温泉は天然美肌成分も豊富な良泉。

大人に比べて皮膚の厚さが薄い赤ちゃんにも安心の泉質です。 浴場内にはベビーチェアやベビー用ソープなど、脱衣所にはベビーベッドやベビーサークルもご用意しております。(男湯・女湯共に)

このページを見ている人は他にこんなページを見ています

関連情報

白糸の滝へ行こう! |おすすめ情報&予備知識

軽井沢タリアセンへ行こう!|おすすめ&見どころ紹介

雲場池の見どころ|周辺観光などおすすめ情報をご紹介

懐古園へ行くなら|四季折々の魅力を楽しむコツをご紹介

軽井沢ハルニレテラスを遊びつくす|楽しみ方&おすすめ情報

軽井沢レイクガーデンへ行く前に!|見どころ徹底研究

湯川ふるさと公園へ行くなら|120%楽しむコツをご紹介

旧軽井沢銀座通りへ行くなら|事前に知りたいおすすめ情報

軽井沢の日帰り温泉へ行こう!|おすすめ温泉をご紹介

軽井沢の温泉&立ち寄り湯へ行こう!|おすすめ温泉地紹介

軽井沢の子連れにおすすめ温泉|ホテルもまとめてご案内

軽井沢おすすめ温泉まとめ|美肌の湯から子連れ安心温泉まで

上田市の観光情報

軽井沢プリンスホテルスキー場 周辺宿泊情報

鹿沢スノーエリア 周辺宿泊情報

パルコール嬬恋 周辺宿泊情報

赤ちゃんの温泉デビューの注意点って?

赤ちゃん連れ旅行

ページトップへ