ホテルの第一印象はフロントだから、常に最高のサービスを心掛けています。

一人ひとりを常に見てくれている。
そこに、働きがいを感じています。

現在、私は主にフロントカウンターで、チェックインやチェックアウトをしています。フロントはお客様が最初に立ち寄る場所であり、 ホテルの第一印象を与える顔ともいえる重要な役割を担っています。お客様にとってはフロントの印象がホテル全体の印象になるという意識を持ち、 お客様のご要望には最大限お応えできるように努力しています。
私が一通りの仕事を覚えた入社2年目の頃、今でも忘れられない出来事があります。 一件目のチェックインが終わった時に上司に呼ばれ、「今のチェックインどうだった?」と問いただされました。 私は心の中で今の接客は良くなかったと思っていたので驚いたのと同時に、自分の仕事をきちんと見てくれている人がいることに感動しました。 この会社は一人ひとりのことをきちんと見てくれる会社です。私にとっては非常に働きがいのある職場だと考えています。

スタッフを大切にする心がなければ、
最高のサービスは生まれない。

入社4年目の現在、自分に任せてもらえる仕事が増え、大きなやりがいを感じています。新入社員やアルバイトの受け入れも大切な業務のひとつです。 今後の目標は、従業員にも認めてもらえる存在になること。フロントでお客さまに笑顔や気配りが出来ても、スタッフにきちんとした対応が出来ていなければ、良い関係は築けません。 同じ部署内のスタッフだけではなく、他部署のスタッフとも積極的にコミュニケーションを深めることで連携ミスも防止できます。
ホテル業は「もう一度利用したい」というリピーターのお客様によって支えられています。一つひとつのサービスを丁寧に行い、お客様に良い印象を与え、 友人や知人などに利用者の輪を広げていってもらうことが大切です。そして、お客様に親しみを感じていただくことで、お客様からの要望やニーズを引き出し、 よりよいサービスを最大限に提供していくことが、私たちの役割だと考えています。


ある一日の流れ

6:50 出社
夜勤からの引継ぎ、メールの確認
7:15 仮チェックイン開始 スキー場に関する案内や特典類の配布
10:00 チェックアウト 金額が大きくなるケースが多いので十分に気を付ける
11:00 精算業務開始 頂いた料金のチェック
12:00 従業員食堂で昼食
13:00 館内の見回り、玄関の清掃
14:00 チェックイン開始  仮チェックインをしている方には、その他の説明をする
17:00 状況を見ながら退社

メッセージ

リゾート業務を幅広く展開する当グループは、働く人にとっては可能性を与えてくれる場所でもあります。 入社当初に抱いていた「取り組みたいこと、叶えたかったこと」も、一緒に働いているうちに少しずつ変わってくることもあるでしょう。それは悪いことではありません。 むしろ、経験を積むことで視野が広げり、新たな可能性が広がっている証拠です。チャンスを掴むか、掴まないかは自分自身です。私たち一緒に成長し、 可能性を広げたいという方にはお勧めの職場だと思いますよ。