赤ちゃんの温泉デビュー

赤ちゃんの温泉デビューの注意点・知っておきべき情報を大公開!

赤ちゃんや子連れで温泉に入るのは心配がつきもの。でも事前にしっかり確認すれば不安も解消! ぜひ心も体もリフレッシュできる温泉を家族みんなで楽しみましょう。

赤ちゃんは温泉にいつから入れるの?

赤ちゃんの温泉に入れる月齢にはっきりとした決まりはありません。 おすすめはベビーバスでの沐浴を卒業しており、首も座ってからのほうが安心。 先輩ママは大体6ヶ月以降に温泉デビューをしているようです。とはいっても赤ちゃんはひとりひとり発育が異なります。 まずは赤ちゃんの体調や発育を考えた上での温泉デビューを検討しましょう。

赤ちゃんにとって温泉の温度や温泉成分は大丈夫?

温泉デビューの赤ちゃんや幼児にとって最も気をつけるポイントは「最適な温度かどうか」です。 赤ちゃんは大人よりも皮膚が薄く体も小さいので、のぼせに注意しましょう。長湯も避けたほうがおすすめです。 赤ちゃんに良くない泉質があるのでは?といった不安を覚えるママも多いと思いますが、 具体的には大人が入って刺激が強いと思うくらいの泉質(強酸性や強アルカリ性の泉質)は避けた方が良いとも言われています。

入浴のベストタイミングや入浴後の注意点って?

先輩ママの失敗談に多いのが入浴タイミングに関して。普段と違う入浴時間や場所は思いのほか赤ちゃんや幼児にはストレスになることも。 なるべく赤ちゃんの普段の生活ペースに合わせた入浴時間をおすすめします。湯あがり前後の水分補給もしっかりと取ることが大切です。

赤ちゃんと一緒に温泉に入る際のマナーって?オムツのとれていない赤ちゃんの入浴は?

施設によってオムツの幼児の入浴はNGといった施設もありますよね。 入浴OKの施設でも利用は責任を持って、入浴前のトイレタイムや入浴前はシャワーでしっかり洗ってから、といった配慮が大切です。 それでも少し心配・・・といったママにはプチバスタブ(ベビーバス)のレンタルサービスやおむつ用ごみ箱なども完備している 温泉やホテルもあるので事前の下調べをお忘れなく。

抱っこをしながらの入浴する時は足元に注意を!

先輩ママのアドバイスで良くあるポイントのひとつです。 温泉成分で床が滑りやすくなっているので、赤ちゃんをだっこしながらの浴場内での移動は細心の注意を払いましょう。

赤ちゃんに温泉がおすすめな理由

赤ちゃんと一緒の温泉は、注意したいことも多いけどいつもと違った環境での入浴は赤ちゃんへの刺激になるし、 日ごろ疲れのたまったママへもおすすめです。小さい子どもがいるから温泉はまだ無理。と考えてしまうママも ベビーグッズやサービスがある、子供向けの配慮があるホテルなら安心して寛げるので日頃の体の疲れを癒しましょう。

赤ちゃん連れにおすすめしたい温泉地・泉質

小さな子どもとの温泉入浴でおすすめな温泉地といえば単純泉の泉質を持つ温泉地、栃木県の鬼怒川温泉や岐阜県下呂温泉などが有名。 テーマパークのように楽しめる温泉リゾートや周辺に観光スポットもある温泉地なら小さなお子様でも楽しく遊べます。 特に箱根や軽井沢などは子連れ温泉旅行にも最適です。

ホテルグリーンプラザ軽井沢|赤ちゃんの温泉デビューに最適です

お客様にご満足いただけるプランを多数ご用意しています。

おすすめプランを見る

関連情報

白糸の滝へ行こう! |おすすめ情報&予備知識

軽井沢タリアセンへ行こう!|おすすめ&見どころ紹介

雲場池の見どころ|周辺観光などおすすめ情報をご紹介

懐古園へ行くなら|四季折々の魅力を楽しむコツをご紹介

軽井沢ハルニレテラスを遊びつくす|楽しみ方&おすすめ情報

軽井沢レイクガーデンへ行く前に!|見どころ徹底研究

湯川ふるさと公園へ行くなら|120%楽しむコツをご紹介

旧軽井沢銀座通りへ行くなら|事前に知りたいおすすめ情報

軽井沢の日帰り温泉へ行こう!|おすすめ温泉をご紹介

軽井沢の温泉&立ち寄り湯へ行こう!|おすすめ温泉地紹介

軽井沢の子連れにおすすめ温泉|ホテルもまとめてご案内

軽井沢おすすめ温泉まとめ|美肌の湯から子連れ安心温泉まで

上田市の観光情報

軽井沢プリンスホテルスキー場 周辺宿泊情報

鹿沢スノーエリア 周辺宿泊情報

パルコール嬬恋 周辺宿泊情報

赤ちゃんの温泉デビューの注意点って?

赤ちゃん連れ旅行