白馬連峰を望む日本有数の高層湿原
栂池自然園

一つ前のスライドへ
次のスライドへ

栂池自然園ってどんなところ?

栂池自然園は、標高1,900mに位置する雲上の高層湿原です。 新潟、富山、長野、岐阜の四県にまたがる中部山岳国立公園の中にあり、日本でも有数の高層湿原を有しています。 園内には一周5.5㎞の木道が整備され比較的歩きやすく、白馬三山を中心とする山々の素晴らしい風景や様々な動植物を見ることが出来ます。 開園期間中は、ゴンドラリフト「イブ」とロープウェイの全長5,320m「栂池パノラマウェイ」の空中散歩を楽しみ、栂池自然園で軽トレッキングをする人々で賑わいます。

希少な高山植物の宝庫

栂池自然園には、数えきれないほどの多くの高山植物が生息しています。 本州でもっとも遅咲きのミズバショウの群生が見られる他、イワカガミ、ニッコウキスゲ、チングルマなどの高山植物が代わる代わる姿を現します。

四季折々、春はミズバショウ、夏は高山植物、秋は絶景の紅葉を。

雪解けの始まる6月中旬、可憐なミズバショウが見頃を迎えます。 その傍らには寄り添うようにリュウキンカが姿を現します。 7月~8月にかけてはワタスゲやニッコウキスゲの大群落、チングルマなどが咲き誇り、1年の中でも最も華やかな時期となります。 多くの可憐な花々や植物が目を楽しませてくれます。 夏でも冷風が吹き出している風穴や、雪解けのせせらぎなど見所も豊富です。 秋はナナカマドやモミジの燃える様な紅葉が美しく、草紅葉や三段紅葉など雄大な山景に映える姿は紅葉名所、軽トレッキングコースとしても人気です。 自然が織りなす四季の移ろいをどうぞお楽しみください。


自然園のおすすめコースは?

みずばしょう湿原をぐるりと回るバリアフリー木道と起伏のないコースで、小さなお子様やご年配の方でもOKなコースです。 距離は短いですが、高山植物の数々、白馬の山並みやイワナの住む川など、 白馬の自然を感じられる場所が随所にございます。 あまり歩きたくはないけれど高原の風を楽しみたいお客様にオススメです。


  • ▶ ちょっとそこまでコース
     【自然園入口~みずばしょう湿原】
  • ●目安時間 往復約1時間
  • ●行程距離 約1キロ

みずばしょう湿原から少し足を延ばし、開けた湿原が広がるわたすげ湿原へ。 道の途中ではキヌガサソウの群生や夏でも雪が残る風穴が見られます。 わたすげ湿原は背の低い亜高山帯の植生で、 晴れた日に見晴しの良い湿原を歩けばのんびりとした牧歌的な雰囲気が味わえます。


  • ▶ 短時間でお楽しみコース
     【自然園入口~みずばしょう湿原~わたすげ湿原】
  • ●目安時間 往復約1.5時間
  • ●行程距離 約2キロ

わたすげ湿原を越え、楠川を越えると、アップダウンが大きくなってきます。 道も登り道になり木道以外の山道を歩く部分もあるのでしっかりとしたトレッキングの準備を。 少し頑張って山道を歩いたあとは可愛い浮島のある浮島湿原が広がります。 浮島湿原では夏にはニッコウキスゲやシナノキンバイ、秋にはナナカマドの紅葉が間近で見られます。


  • ▶ ちょっとトレッキングコース
     【自然園入口~みずばしょう湿原~わたすげ湿原~浮島湿原】
  • ●目安時間 往復約2.5時間
  • ●行程距離 約3キロ

ゆっくり時間を取って園内を一周、各湿原を通り展望湿原へ。 行程では冷たい北アルプスの水を汲める銀名水、貴重なモウセンゴケのあるモウセン池、ギンリョウソウやシラネアオイの見られるヤセ尾根など、自然園の魅力的なスポットを余すことなく楽しめます。 自然園の最奥、展望湿原では、白馬岳の大雪渓が、大雪渓を上る登山者を確認できるほど近くに見られます。


  • ▶ 園内1周フルコース
     【自然園入口~みずばしょう湿原~わたすげ湿原~浮島湿原~展望湿原】
  • ●目安時間 往復約3.5時間
  • ●行程距離 約5.5キロ

所要時間はどれくらい?

.栂池自然園を散策する際の注意事項はあるの?


  • ・散策の際は、遊歩道からはみ出ないようにご注意ください。
     湿原は柔らかいスポンジ状で出来おり、非常に傷つきやすい物です。壊れた湿原の再生には気の遠くなるような歳月が必要です。
     栂池自然園で生きる動植物を守る為にも、どうぞ大切にしてあげてください。
  • ・ 植物の採集は一切できません。たとえ落ちている枝や枯れ葉でも拾わないでください。
     もし採集を行った場合は、自然公園法により罰金が科せられますのでご注意下さい!
  • ・ 園内は火気厳禁です。園内は禁煙となっております。

「栂池自然園と八方尾根」、どちらがおすすめですか?

栂池自然園も八方尾根もどちらも白馬を代表する、自信を持っておススメできる自然観光地です。
【共通点】どちらも標高1800m~2000mであり、ゴンドラやロープウェイで気軽に楽しむことが出来ます。  山肌が近い為、山岳ムードもたっぷり。高山植物・花々を間近でご覧いただけます。

【違い】栂池自然園は広大な湿地帯です。一方、八方尾根は山岳ですので木が生えていません。
 その為日影があまりありません。道も栂池自然園は平坦な木道がありますが、
 八方尾根は坂道が多い為足腰の弱い方は注意が必要です。

【所要時間】栂池自然園まではホテルから約10分、八方尾根まではホテルから約25分。  栂池自然園は最奥まで行くと一周約3.5時間、最短コースなら見学約1時間、  八方尾根は八方尾根まで行くと往復約2.5時間、周辺の散策のみでしたら見学約1時間程度。  ※時間はあくまで目安です。
 どちらも余裕をもって半日レベルでお考えいただいた方が良いと思います。

足腰が強くなくても楽しめますか?バリアフリーはあるの?

平成19年のみずばしょう湿原の木道バリアフリー化以降、多くの方にこの大自然を楽しんで頂いております。車いすの方でもお楽しみ頂けます。
栂池自然園まではゴンドラリフトとロープウェイをご利用いただくためお気軽にトレッキング気分を楽しむこともできます。

どんな服装で行けば良いの?

トレッキングシューズや軽登山靴がベストです。無ければ運動靴など歩きやすい靴でお越し下さい。
標高2000mの山岳地帯ですので、天候の急変も考えられます。
天気が良くても傘やレインウェアーなどの雨具は必ず用意してください。
※季節にあわせて服装、昼食、飲み物、リュック、などの装備をご用意下さい。

撮影スポットはどこ?おすすめを教えて!

【みずばしょう湿原】自然園の入口からすぐ、春先には青空のもと可憐な白いミズバショウの群生が見られます。

【わたすげ湿原】みずばしょう湿原から風穴のある道を通り抜けた先にあり、夏の後半にはワタスゲの白い果穂が見られます。

【浮島湿原】カメラマンも足を止めてしまうほど人気の撮影スポット。広い湿原の池塘の中に浮かぶ丸い浮島の姿は幻想的。 秋には鮮やかな山の紅葉も見られます。

【展望湿原】自然園の最奥に位置する展望湿原。展望台からは白馬岳の大雪渓を見ることができます。

【風穴・ふうけつ】夏でも雪の残る自然の不思議スポット。岩の間から冷たい風が吹き出す夏にオススメの場所です。

【銀命水】浮島湿原と展望湿原の間にある銀命水では、冷たい北アルプスの天然水からなる川の水を汲むことができます。

トイレはあるの?ゴミはどこで捨てるの??

自然園入口に公衆トイレがございます。期間限定で園内にも公衆トイレが設置されます。
ゴミは大切な自然を守る為、ご自身でお持ち帰りください。
栂池自然園は皆様の多大なご協力で常に美しい姿を保っております。

営業期間や料金を教えて!

栂池自然園の営業期間や入園料、パノラマウェイ料金はこちらからご確認ください。

栂池自然園から約10分!ホテルグリーンプラザ白馬でゆっくり!


赤い屋根のが特徴的なホテルは通年を通して愉しむことができるリゾートホテルです。
敷地内にはスキー場やイングリッシュガーデンがあり、体験したり触れたりしてリゾートを満喫できます。
観光で疲れた体を癒す自家源泉の温泉やクチコミでも好評価のバイキングなどもおすすめ。
南小谷駅からの送迎バスもあります。

お客様にご満足いただけるプランを多数ご用意しています。

おすすめプランを見る